スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のメモ

NYダウ 12657.20(-62.29) ドル円 80.60(-0.61) ユーロ円 114.94(-1.68) CME 10045(円建て、対日経-93)

ダウは6月雇用統計が悪化して大幅に下げたもののこれによりQE3が期待されるとして下げ幅を縮小させて終わりました。中期上昇トレンド内で短期上昇トレンドに変化なし。チャート的には一目の雲上限も上抜けて異常な上昇角度が続いていましたが遂に下ヒゲで5日線を下抜いて短期下落トレンドの初動らしき動きとなりました。P&Fでは買いサイン、最終目標値12884.58に変化なし。パラボリックではSAR値は12146.33とほぼ射程圏外のため私的には今後はこのまま短期下落トレンドに転換するかこのレベルで揉み合って最後のひと伸びでダブルトップを作るふたつのシナリオを想定しています。日足ボリンジャー-2α12752.97、週足ボリンジャー-2α12856.49。日足デッドクロス消滅。

ドルは中期揉み合いトレンド内での短期揉み合いトレンドの動き。チャート的には一目の雲下限に沿った位置で揉み合いを続けています。P&Fでも短期揉み合いトレンドで80.4~81.0の狭いレンジ。SAR値は80.31と射程圏内となっています。注目のドルインデックスは短期下落トレンドを続行中。ゴールデンクロスほぼ確定となり一目の雲も上抜いてボリンジャー-2αも切り上がっている事から今後の安定した上昇を感じさせます。私的にはドルは当面下落するものの80.40付近で反転し、今後明確に短期上昇トレンドに転換すると考えています。週足デッドクロス継続中ながら底値圏脱出の準備中か。

ユーロは中期揉み合いトレンド内での短期下落トレンドの動き。チャート的には一目の雲下限ラインに沿った位置での短期下落トレンドの動きで113.5~117.7のレンジでエネルギーを充電中。P&Fでも短期下落トレンドで当面の目標値114.00に接近中。ポンド円が中期下落トレンドの動きとなっていることから今後のユーロは揉み合いを下抜ける可能性が高くなったと考えています。パラボリックでも短期下落トレンドでSAR値が117.73とほぼ射程圏外。

ユーロドルは中期揉み合いトレンド内で短期下落トレンドの動き。チャート的にはユーロ急落ドル揉み合いによる短期下落トレンド続行で一目の雲上抜けに失敗したカタチ。P&Fでは短期下落トレンドで当面の目標値は1.4150。終値で1.4100を下抜くと売りサイン、最終目標値は1.3288を計測しています。SAR値は1.4570と遥か射程圏外。よって今後はユーロ下落ドル揉み合いで下値模索となりそうで月曜夜の動きが重要なポイントとなりそうです。またドルが今後上昇に転じる予測であるため整合性に問題なし。結果として数日以内でユーロ下落ドル揉み合い、又はドル上昇によるユーロドル下落の可能性が高くなっていると考えています。

原油は中期下落トレンドを上抜けて短期上昇トレンド続行の動き。チャート的にはボリンジャー-2αに接触した後に反転上昇となってボリンジャー+2α99.39目前で大きな陰線で終わっています。P&Fでも短期上昇トレンドで当面の目標値98.50に対して99.42を達成しています。パラボリックは依然短期上昇トレンドでSAR値は91.52とやや射程圏外ですが今後は短期下落トレンドに転換となりそうです。日足デッドクロスは始まったばかりですから今後は長期上昇トレンドが消滅する可能性が高くなっています。

FTSEは中期揉み合いトレンド内で短期上昇トレンドの動き。チャート的にはボリンジャー-2αに接触した後にダウに引きずられて反転上昇となりボリンジャー+3αに接触寸前という急上昇となっていましたが米雇用統計を受けて大きな陰線で終わっています。P&Fでは短期下落トレンドに転換で当面の目標値は5780を計測しています。パラボリックは依然短期上昇トレンドでSAR値は5838.94とやや射程圏内。今後は短期下落トレンドに転換となりそうですが日足デッドクロスは消滅となりました。

上海総合も中期下落トレンドを上抜けて短期上昇トレンドの動き。チャート的にはボリンジャー+2αに接触した後に一目の雲下限に接触し雲に突入できずに終わっています。まだ米雇用統計を織り込んでいないため本日は下げる可能性が高くそうなると日足デッドクロス続行となりそうです。P&Fでは短期上昇トレンドで買いサイン、最終目標値は3087.63を計測していますが有り得ません。SAR値は2718.81と射程圏内。

世界全体で見ると依然ダウが世界を牽引するカタチでダウは雇用統計の10日前から異常な上昇。ISMとADPを追い風にあっという間に一目の雲を上抜けて日足デッドクロスを消滅させる。FTSEも追随しなにやら思惑を感じずにはいられない雰囲気。ダウ-FTSE-日経平均は爆上げで今後の中期下落トレンド予測は消滅。ダウを買い上げた資金が売りを出さなければここからやや下げたレベルで揉み合いとなりそうです。
これに対して通貨は無反応。ドルはドルインデックスの激しい動きにもかかわらず中期揉み合いトレンド続行。80.40~81.45と非常に狭いレンジでやや下抜け優勢に感じています。ユーロは依然揉み合い中。ポンドドルが中期下落トレンド続行のためユーロは揉み合いを下抜けとなりそうです。
原油などの商品先物もダウに追従。ゴールドとシルバーも依然短期上昇トレンドですが数日で短期下落トレンドに転換しそうです。上海も短期下落トレンドへ転換目前。

日経平均は中期揉み合いトレンドをダウの急上昇に引きずられて連日窓明けで急上昇。チャート的にはボリンジャー+2αに沿った上昇でしたが米雇用統計も終わり短期下落トレンドに転換する見込みです。P&Fでは買いサイン、最終目標値10151.40に対して10207.91を達成。SAR値は9781.16とやや射程圏外。本日の寄付きが10030付近となりそうですがダウ下落を受けて弱気相場となりそうです。いつもの通りダウ先物、FTSE先物主導の相場となりそうですが私的には無理な上昇の反動でいつ急落するか分からない寄り天の可能性が高い日となりそうだと感じています。ダウ先物に注意して打診売りを推奨。デイトレも売り推奨。
日経平均先物プレイヤーのために携帯のページに本日のフィボナッチ抵抗ポイントを掲載。アドレスは http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/p2pmaster/
ここの「p2pmasterの日記」に不定期で記載の予定です。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お 勧 め 証 券

SBI 証券

クリック 証券

マネックス 証券

H・S 証券

丸三 証券

証券

バナー
証券

バナー
カブドットコム


▲ go to top

お 勧 め 書 籍

ボリンジャー

P&F

一目均衡表

フィボナッチ

製作中

バナー
製作中

バナー
製作中

バナー
製作中

バナー

▲ go to top

NY Dow 日中足
日経平均 予測 無料 リアルタイムチャート P&Fチャート テクニカル分析 p2pmaster
NY Dow 先物 日中足
フィボナッチ計算機
C A T E G O R Y
サイト内検索
S P O N S O R


Q R コード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。